ジョコビッチのオリンピック成績についてまとめてみた!

ジョコビッチ五輪の成績 テニス

東京オリンピックテニス競技が終了しました。

 

年間ゴールデンスラム(1年間ですべての4大大会を優勝し、オリンピックで優勝すること)の偉業がかかっていた世界1位のジョコビッチ選手は、残念ながら準決勝で逆転負けをすることで偉業を達成できず、また3位決定戦でも敗退しメダルを獲得することが出来ませんでした、、

 

この記事を読むと以下のことがわかります↓

ジョコビッチ選手は過去に出場したオリンピック(北京、ロンドン、リオ、東京)でどういった成績を残したのかについて

 

さあ、まずはジョコビッチ選手の北京オリンピックの成績について見ていきましょう~。

スポンサーリンク

ジョコビッチの北京オリンピック成績

引用:http://tennisfan.xyz

ジョコビッチ選手は初出場した北京オリンピック銅メダルを獲得しました!

(ちなみに錦織選手は初戦敗退。)

 

初出場で銅メダルはすごいですね~。

準決勝では、惜しくもオリンピックで金メダルを獲得し、世界1位になったナダル選手に負けてしまいました、、

2008年のジョコビッチ選手は、20歳8か月の若さで4大大会の1つの全豪オープンで優勝し、セルビア出身のテニス選手で初の4大大会男子シングルス優勝を果たしました。)

ジョコビッチのグランドスラムの成績に関しての記事もあります。

 

〇試合結果

1回戦 ロビー・ジネプリ(アメリカ)6-4、6-4
2回戦 ライナー・シュットラー(ドイツ)6-4、6-2
3回戦 ミハイル・ユージニー(ロシア)7-6(3)、6-3
準々決勝 ガエル・モンフィス(フランス)4-6、6-1、6-4
準決勝 ラファエル・ナダル(スペイン)4-6、6-1、4-6
3位決定戦 ジェームズ・ブレイク(アメリカ)6-3、7-6(4)

 

次にジョコビッチ選手のロンドンオリンピックの成績を見ていきましょう~。

ジョコビッチのロンドンオリンピック成績

引用:https://www.nikkei.com

ジョコビッチ選手のロンドンオリンピック成績4位でした!

余談ですが、ジョコビッチ選手はセルビアの騎手を務めました。

(ちなみに錦織選手は準々決勝敗退でした。)

 

4位!惜しいですね~、悔しい~、

3位決定戦で、強力なフォアハンドとサーブのデルポトロ選手に負けてしまいました。

 

グラス(芝)のコートは球足が速く、攻撃的なプレースタイルの選手に有利です。

ジョコビッチ選手にとっては不利だったと言えるでしょう。

 

(2012年のジョコビッチ選手は、全豪オープンの決勝で5時間53分という全豪最長試合を制し、優勝しています!途中まで世界1位でしたが、フェデラー選手に1位の座を明け渡しました。)

縁の下の力持ちとしてジョコビッチを支えたジョコビッチの歴代コーチに関する記事もあります。

 

〇試合結果

1回戦 ファビオ・フォニーニ(イタリア)(7)6-7、6-2、6-2
2回戦 アンディ・ロディック(アメリカ)6-2、6-1
3回戦 レイトン・ヒューイット(オーストラリア)4-6、7-5、6-1
準々決勝 ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)6-1、7-5
準決勝 アンディ・マレー(イギリス)5-7、5-7
3位決定戦 ファンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)5-7、4-6

 

次に3つめ!

ジョコビッチ選手のリオオリンピックの成績を見ていきましょう~。

スポンサーリンク

ジョコビッチのリオオリンピック成績

引用:https://www.thetennisdaily.jp

ジョコビッチ選手のリオオリンピック成績はまさかの初戦敗退でした!

(ちなみに錦織選手は銅メダル!)

 

 

この時はびっくりしました。。

悔しさのあまりコートから退場する際、涙を流していました、、

よっぽど悔しかったのでしょうね、、

 

 

初戦の相手は前回のロンドンオリンピックの3位決定戦で敗れた因縁の相手であるデルポトロ選手!

強力なフォアハンドで左右に振り回し、主導権を常に握られていた印象がありました、、

(2016年のジョコビッチ選手は、4大大会の内の2つである全豪オープン、全仏オープンで優勝し、キャリアグランドスラム(キャリアを通じて4大大会すべてで優勝すること)を達成しました!その後は、調子を崩しウィンブルドンで早期敗退をしたりしました。)

 

〇試合結果

1回戦 対ファンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン) (4)6-7、(2)6-7

 

ジョコビッチはロンドンオリンピックからリオオリンピックまでの間に結婚され、子供を授かりました!

ジョコビッチの子供の名前など子供に関する記事もあります。

 

最後に、最新のジョコビッチ選手の東京オリンピックの成績を見ていきましょう~。

ジョコビッチの東京オリンピック成績

引用:https://news.yahoo.co.jp

 

ジョコビッチ選手の東京オリンピック成績4位でした!

錦織圭選手のオリンピックの成績は準々決勝敗退でした。)

 

準決勝では強力なサーブを武器とする攻撃的なズべレフのプレースタイルの勢いに押され敗退しました、、

(オリンピックテニス競技ではズベレフ選手が金メダルを獲得しました。)

惜しかったですね、、

年間ゴールデンスラム達成がかかっていたのでジョコビッチ選手自身も悲しい気持ちになりました、

 

そして東京オリンピックで最も注目だったのは、準々決勝錦織選手との試合!

錦織選手は怪我でランキングを60位台まで落としてなかなか調子が上がらずにいました。

ですが、今大会初戦で世界7位のルブレフ選手に勝ち、約3年ぶりにTOP10の選手に勝利を飾ると、その後は順当に勝ち上がり準々決勝に進出しました!

 

そんな調子が上がり復活が期待される錦織圭選手との試合でしたが、ジョコビッチ選手は安定したストロークと試合運びで6-2、6-0と圧倒しました!これで錦織選手に対して、16連勝としました。

強すぎますね~。

 

〇試合結果

1回戦 対ヒューゴ・デリエン(ボリビア)6-2、6-2
2回戦 対ヤンレナード・ストルフ(ドイツ)6-4、6-3
3回戦 対アレハンドロダビドビッチ・フォキナ(スペイン)6-3、6-1
準々決勝 対錦織圭(日本)6-2、6-0
準決勝 対アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)6-1、3-6、1-6
3位決定戦 対パブロ・カレーニョブスタ(スペイン)4-6、7-6(6)、3-6

ジョコビッチのオリンピック成績のまとめ

今回の記事はいかがだったでしょうか?

 

ジョコビッチ選手のオリンピック成績について、北京、ロンドン、リオ、東京の順で振り返ってみました!

結果をまとめると以下となります↓

  • 北京オリンピックの成績は銅メダル
  • ロンドンオリンピックの成績は4位
  • リオオリンピックの成績は初戦敗退
  • 東京オリンピックの成績は4位

でした!

 

2024年のパリオリンピックでは、ジョコビッチ選手は金メダルを獲得するのでしょうか?

今後の活躍に期待ですね~。

応援しましょう~。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました