テニス年間ゴールデンスラムとは?ジョコビッチは惜しくも達成ならず!

テニスの年間ゴールデンスラムについて テニス

この記事は、テニスの年間ゴールデンスラムとは?またそれがどれほど難しいことなのか、そして最後に達成まであと一歩だったジョコビッチ選手について解説した記事です。

 

テニスの年間ゴールデンスラムという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

おそらくテニスに詳しくない人が聞いた時、「何それって?」となると思います。

 

この記事を読むと以下のことがわかります↓

  • テニス年間ゴールデンスラムとはそもそもなのかということ!
  • テニス年間ゴールデンスラムどれほど難しいことなのかということ!
  • テニス年間ゴールデンスラムの達成に最も近かったジョコビッチ選手について!

 

それではテニス年間ゴールデンスラムとは何か見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

テニスの年間ゴールデンスラムとは?

引用:https://tennisnavi.jp

テニスの年間ゴールデンスラムとは、1月から12月までの1年間にグランドスラムと呼ばれる4大大会で優勝し、オリンピックで金メダルを獲得することをいいます!

 

グランドスラムとは、全豪オープン(オーストラリア)、全仏オープン(フランス)、ウィンブルドン(イギリス)、全米オープン(アメリカ)の4大会の総称です。

 

1年間でメジャーの大会4つをすべて優勝し、オリンピックで金メダルを取るのですから、非常に難しい偉業といえるでしょう~。

ちなみに、キャリアを通じてグランドスラムをすべて優勝し、オリンピックで金メダルを獲得することをゴールデングランドスラムキャリアゴールデンスラムといいます。

どれほど難しいことなのか?

引用:https://tennismagazine.jp

テニスの年間ゴールデンスラムを実際に達成した選手について調べてみました!

調べてみたところ、、

 

1988に女子のシュテフィグラフ選手が達成しました!(上の写真)

 

1人ですよ?しかも、男子に関してはまだ達成者がいません!

いかに難しい偉業であるかがわかると思います。

 

それでは、なぜテニスの年間ゴールデンスラムが難しいのかについて色々と理由がありますが、その中の3つに注目し進めていきたいと思います。

オリンピックが4年に1回しか開催されないから

引用:https://www.2020games.metro.tokyo.lg.jp

先ほど年間ゴールデンスラムとは4大大会をすべて優勝し、オリンピックで金メダルを獲得することと述べました。

 

存知の通り、オリンピックは4年に1回しか開催されません。

つまり4年に1回しかチャンスがないということになります!

もちろん、オリンピックがない年は年間ゴールデンスラム達成は不可能になります。

ここは選手の努力で変えることが出来ません(笑)

スポンサーリンク

コートのサーフェイスが異なるから

引用:https://www.thetennisdaily.jp

グランドスラムは、全豪オープンはハード、全仏オープンはクレー、ウィンブルドンはグラス、全米オープンはハードコートで行われます!

また、オリンピックは開催される国によって、どのサーフェイスか変わります!(一般にハード)

 

コートのサーフェイスが異なることで、ボールのバウンド高さ、ボールの速さが異なります。

サーフェイスによってボールの性質が変わり、そこに合わせて調整し戦い方を変えないといけないので難しいです。

クレー最強のナダルがいるから

引用:https://www.thetennisdaily.jp

グランドスラムの1つである全仏オープン(クレーコート)で圧倒的な強さを誇る選手がいます!

 

その選手はラファエルナダル選手(スペイン)で2005年に初出場初優勝してから現在(2021年7月30日時点)まで13回の優勝をしています!

全仏オープンは年に1回開催され、ナダル選手は出場した17回の内、13回優勝しているので、すごいですね。

圧倒的です!!

 

全仏オープンで最強のナダル選手がいるため、年間ゴールデンスラムの達成が困難になっています。

ジョコビッチは達成できそうだった?

引用:https://news.yahoo.co.jp

テニスの年間ゴールデンスラムがいかに難しいかという話をしてきました。

そんな中で、その偉業を達成できそうだった選手がいます。

 

その選手はノバクジョコビッチ選手(セルビア)です!

ジョコビッチ選手は今年2021年に入り、全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドンで優勝しています!

全仏オープンに関しては、準決勝で先ほど話したクレー最強のナダル選手を破り、そのままの勢いで優勝しました!

ジョコビッチのグランドスラムの成績について記載した記事もありますので、そちらもぜひ読んでみてください。)

 

テニスの年間ゴールデンスラムの達成まで、残すは東京オリンピックと全米オープンでした。

 

しかし、東京オリンピックでベスト4まで勝ち残りましたが、準決勝でアレクサンダー・ズべレフ選手(ドイツ)に6-1、3-6、1-6の逆転で敗れ、年間ゴールデンスラムを達成出来ませんでした、、

残念でしたね、、

ジョコビッチ選手のオリンピックの成績についての記事もありますのでぜひ見てください~。)

 

年間ゴールデンスラムを達成することは出来ませんでしたが、年間グランドスラム(1年間ですべてのグランドスラムを優勝すること)の可能性があるので、全米オープンに期待です!

追記:残念ながら年間グランドスラムも達成できませんでした、、

テニス年間ゴールデンスラムについてのまとめ

さて、いかがだったでしょうか?

この記事では、テニスの年間ゴールデンスラムとはか、どれほど難しいことなのか、偉業を達成しそうなだったジョコビッチ選手について述べてきました!

 

この記事をまとめると以下のようになります↓

  • テニスの年間ゴールデンスラムとは、同じ年グランドスラム(4大大会)オリンピック全部優勝すること
  • テニスの年間ゴールデンスラムは、4年間に1回しかチャンスがないこと、異なるサーフェイスに合わせた戦い方が必要なこと、クレーコート最強のナダル選手が君臨していることから困難であること
  • 惜しくもジョコビッチ選手はテニスの年間ゴールデンスラムを達成できなかったこと

今後テニスの年間ゴールデンスラムを達成できる選手が現れるのか?

楽しみですね~!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました