坂口健太郎は滑舌が悪い?演技が下手と言われる6つの理由を調査!

芸能

数々の映画やドラマで主役を演じている俳優・坂口健太郎さん。

 

坂口健太郎さんは、滑舌が悪いのでは?と思っている方が多いようです。

確か坂口健太郎さん滑舌が悪いように感じます。←本当にごめんなさい!!

 

また、坂口健太郎さんは、演技が下手だと言われているそうです。

しかも下手と言われる6つの理由があるんですって。

余計なお世話だ!!と、一括してやりたいですが、少し気になりますよね。

 

坂口健太郎さん滑舌の悪さを含む演技が下手だと言われる6つの理由について、検証してみます。

スポンサーリンク

坂口健太郎は滑舌が悪いなど演技が下手と言われる6つの理由について

演技が下手と言われる6つの理由

  • ①滑舌が悪い
  • ②セリフが棒読み
  • ③発声がいまいち
  • ④泣く演技が見てられない
  • ⑤笑い方が微妙
  • ⑥カッコよすぎてリアルさ

この6つの理由について調べていきます。

 

①滑舌が悪い

坂口健太郎さんの演技が下手と言われる1つ目の理由は、滑舌が悪い事です。

そもそも滑舌ってなんですか?

そう言われえると、

深く考えた事ないですね…。

調べてみると、

一般的には、言葉の発音がはっきりとしていて聞き取りやすい人のことを『発音が良い』、逆に発音があいまいで聞き取りづらい人のことを『滑舌が悪い』と呼んでいます。(舌足らずと呼ぶ人もいます)

活舌とは – 検索 (bing.com)

だそうです。

 

坂口健太郎さんの滑舌どうなん感じでしょうか?

はぁ……坂口健太郎さん、カッコイイですね。

見入ってしまいますよ。

画ずらが綺麗すぎて、

滑舌なんて全然気になりませんけどね(笑)

 

でも確かに、言葉が聞き取りやすいかと言えば、はっきり聞き取りやすいとは言えないかなと思います。

坂口健太郎さんは、滑舌が悪いと言われる理由がなんとなく分かります。

②セリフが棒読み

坂口健太郎さんの演技が下手と言われる2つ目の理由は、セリフが棒読みだという事です。

 

SNSではこのように言われています。

坂口健太郎さんはセリフが棒読み、という厳しい意見を多数、目にしました。

 

続いても、厳しい意見があるのでしょうか……?

③発声がいまいち

坂口健太郎さんが、演技が下手と言われる3つ目の理由は、発声がいまいちだということです。

 

確かに、発声いまいちです…

失礼ですよ。

これからきっと上手になってきますよ。

確かに、坂口健太郎さんの声、聴きとりにくいですね。

皆さん自然なのに、坂口健太郎さんの時だけ、やけに気になってしまいます。

発声はいまいちです。

 

厳しい意見が続きますね(涙)続いての理由は……

④泣く演技が見てられない

坂口健太郎さんが、演技が下手と言われる4つ目の理由は、泣く演技がみてられないです

 

SNSでは

というい意見もありますが、

 

このような感じで、坂口健太郎さんの泣く演技は賛否両論あるということが分かりました。

 

なかなか、自然に泣く演技をしていると思いますけどね。

 

皆、感受性が違うので、様々な意見がでるのは当然ですね。

⑤笑い方が微妙

坂口健太郎さんが、演技が下手と言われる5つ目の理由は、笑い方が微妙との事です。

 

笑い方が微妙とは……どういうことでしょう。

笑う演技の時、顔がひきつっているとか?無理やり感があるとか?

そんな感じでしょうか?

 

厳しい口コミですよね。

笑顔が、少しぎこちないのかもしれませんね。

自然な笑顔の演技ができるようになるといいですね。

 

とりあえず、坂口健太郎さんの笑顔の破壊力は半端ないです。

 

そして次で最後の6つ目になります。なかなか厳しい意見ばかりなので、最後に挽回してほしいですが……。

⑥カッコよすぎてリアルさにかける

坂口健太郎さんが、演技が下手と言われる6つ目の理由は、カッコよすぎてリアルさにかけるです。

結論から言うと、その通りです。

なんだそれって

感じですよね。

でも、分からなくもないです(笑)

坂口健太郎さんみたいなイケメンと

現実に逢ったことないので。

 

確かに、坂口健太郎さんみたいなイケメンは、フィクションの世界でしか存在しないと、潜在意識にあるんですよね。

存在が、フィクションなんで、リアルさは出しにくいのではないでしょうか?

だっていないですもん現実に、そこらへんにいるのなら出会いたいですよ。

 

かっこよすぎてリアルさにかけるその通りです。

 

以上が、坂口健太郎さんの演技が下手だと言われる6つの理由です。

スポンサーリンク

坂口健太郎は演技力の世間の反応は?演技が上手くなったという声も?

坂口健太郎さんの演技力の世間の反応は、

引用: 坂口健太郎演技 – Twitter Search / Twitter

見ての通り、賛否両論のようです。

 

連続テレビ小説おかえり「モネ」、皆さん見ていましたか?

 

坂口健太郎さん演じる菅波先生、とても自然で上手な演技をされていました。

不器用かつ素朴なキャラクターが、彼の滑舌や発声のしかたによくマッチしていました。

あの菅波先生のキャラを役として演じているのであれば、けっして坂口健太郎さんの演技は、下手ではありません。

 

2022年に公開された「余命10年」での坂口健太郎さんの演技をSNSでは

 

などと、絶賛する書き込みを多く見ました。

2014年に俳優デビューしてから、かれこれ8年目、数々の映画・ドラマに出演してきました。

最初から演技が上手い人は一握りで、皆、努力して演技力をみがいているのだと思います。

 

坂口健太郎さんも思考錯誤しながら、努力しているのでしょう。

その努力が実ってきて、演技が上手くなっているのかもしれないですね。

坂口健太郎は滑舌が悪いなど演技が下手と言われる理由6つのまとめ

坂口健太郎さんは滑舌が悪いなど演技が下手と言われる理由は

  • ①滑舌が悪い………否めない
  • ②セリフが棒読み………賛否両論
  • ③発声がいまいち………役によっては、はまるケースがある
  • ④泣く演技が見てられない………賛否両論
  • ⑤笑い方が微妙………少しぎこちないが、笑顔の破壊力が半端ない
  • ⑥カッコよすぎてリアルさに欠く………その通り

6つありました。

 

感受性の違いで、一概に演技が上手・下手とは言い切れないです。

ただ、最近は演技が下手だという意見がある現状を、打破している傾向にあると思います。

坂口健太郎さんの演技を評価する意見も増えているからです。

 

坂口健太郎さんの、これからの演技に期待しています。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました