Silentネタバレ【8話】は?プリンの手話にホッコリ!

Silentネタバレ【8話】は?プリンの手話にホッコリ! ドラマ

「silent(サイレント)」第8話が放送されました。

 

第8話は、初めて紬の母が登場し、想像通り、素敵な母でした。

紬の想に対する悩みも母のさりげない一言で後押しされ解決したような…….

プリンの手話、かわいかったですね♡

 

この記事では、「silent(サイレント)」第8話のネタバレ放送後の感想、についてまとめました。

ドラマのシーンを思い出しながら一緒に感想を共有しましょう♪

スポンサーリンク

「Silent」の8話のネタバレあらすじ

佐倉想(目黒蓮)は青羽紬(川口春奈)に、声が出せないわけではないが、自分で感じとれないことへの怖さがあることを話し、紬はそれを受け入れる。しかし、2人の距離が縮まるほどに、想は自分と一緒にいるのが大変なのではないかと紬を気遣うようになり、紬は否定するものの、なかなか思いは伝わらない。

一方、桃野奈々(夏帆)は春尾正輝(風間俊介)との再会を果たす。「紬と想を見ていたら春尾くんのことを思い出して」と言う奈々。そんな中、紬は実家の群馬に帰り、母・和泉(森口瑤子)に想のことを話そうとするのだが…。

引用:silent 

 

第8話は2週間ぶりの放送になりました。

 

想は紬に、声が出せないわけではないが、自分で感じとれないことへの怖さがあることを話し、紬はそれを受け入れました。

しかし、2人の距離が縮まるほどに、想は自分と一緒にいる紬が大変なのではないかと悩むようになりる。

紬は否定するものの、なかなかその思いは伝わりません。

 

一方、奈々は春尾との再会を果たす。

「紬と想を見ていたら春尾くんのことを思い出して」と言う奈々。

大学の頃、PCで講義の手伝いをするというボランティアをしていた春尾は、奈々と知り合い、奈々の笑顔に一瞬にして惹かれました。

講義が終わると、その場で「ありがとうございました」とノートの端に書き見せていた奈々。

奈々が毎回書くのはありがとうを使い回したくないと言う理由だった。

春尾は奈々と顔を見て話したい、奈々の「ありがとう」の一番の存在になりたい、そう思い始めた事が、手話を覚えるきっかけとなりました。

そして手話サークルを作りたいと仲間を集めはじめました。

 

ところが奈々は、仕事のために手話を教えたのではないと訴えた。

二人の想いが通い合うことは無く距離をおくようになってしまった春尾と奈々、過去を思い出しながら現在二人は想と紬の二人の事を心から応援しています。

 

そんな中、紬は実家の群馬に帰り、母・和泉(森口瑤子)に想のことを話そうとしました。

母は話をキリだせない紬を見て、プリンを食べようと誘います。

そして、プリンを食べながら想の事を母に話す紬。

母は、お母さんがダメだといったらダメになる気持ちなの?私には関係ないと、エールとも思える言葉を紬にくれました。

 

食べきれない程の手料理を持ち帰った紬は、想を呼び一緒にご飯をたべることにしました。

 

母と話して、どこかふりきれた紬は想に、側にいたくているだけだからね、と笑顔で伝え、想はその気持ちをしっかりと受け止めていたようでした。

 

第9話では、想と母親のわだかまりや耳が聴こえなくなっていく想と母のつらい回想シーンが描かれているようです。

 

涙なくしてみることはできないでしょう。

スポンサーリンク

「Silent」の8話の感想

第8話は、15分拡大ということでしたが、えっ?もう終わり?と言うほどにあっという間に時間が過ぎてしまいました。

今回のストーリーでは、

  • ①キャストの方々の演技の上手さ
  • ②紬の母親はやっぱり素敵だった

この2点についての思考です。

 

①キャストの方の演技の上手さ

奈々を演じる夏帆さん、大学時代の頃のあのキラキラした感じ、あどけない感じの演技が自然過ぎて、また、手話をしながら表情でもしっかり演じている感じが巧みすぎて、こんな丁寧な演技をされる方だったのかと再度驚きました。

相手役の春尾を演じる風間俊介さんの演技もとても自然で、春尾が奈々に恋に落ちた瞬間も分かる程表情で演じていました。

二人の絡みを見ていると、本当の大学生の恋のような純粋な感じを汲み取れました。

 

春尾が今までふとした時に発していた重たくて核心のついた言葉は、奈々からもらった言葉だったのですね。居酒屋で湊斗に言った言葉、障がい者やそれに関係する仕事の人々を「良い人」と思って「ヘラヘラ生きてる聴者」。

この言葉の裏に奈々の存在があったとは……。

 

またあわてんぼうの奈々の、リュックが開いたままなのに気づき春尾が締めてあげたシーン、想より、春尾が先だったんだと!奈々は無意識のうちに春尾のことを思っていたのかもしれないですね。

春尾と奈々の関係が修復できた今、また二人の未来をねがってしまいますよね。

 

第8話で、初めて紬の母(森口瑤子さん)がでてきました。

紬と光の母親がどんな方なのか気になっていましたが、想像通り、素敵でした。

この母親だから紬のように真っすぐに育つんだなと思いました。

 

娘を持つ私も、もし娘が紬と同じ立場だったら、あんなふうに励まして応援してあげられるのだろうか……なんて自分に置き換えてみたりして。

紬と母のやり取りに温かい気持ちになりました。

 

母親に後押しされ、紬が想に、側にいたいから側にいるって言葉、想は嬉しかったでしょうね~。

健常者とろう者、やはり障害は多いだろうけど、だからこそ、お互いに支えあって明るい未来をきづいてほしいです。

 

第9話では、想の耳が聴こえなくなるまでの葛藤が描かれているようです。

想の母親もでてきます。

涙なしでの視聴は難しそうです……。

「Silent」の8話のネタバレあらすじのまとめ

この記事では、「silent」の第8話のネタバレあらすじや感想についてまとめました。第9話からもどんなストーリー展開になるのか、楽しみでしかたないですね。

放送され次第、感想をアップしていきます♪

 

\ドラマ「Silent(サイレント)」のネタバレ感想全話まとめはこちらから!/

Silentのネタバレや最終回結末予想は?あらすじに沿って徹底解説!
ドラマ「silent(サイレント)」のあらすじネタバレや最終回予想、客観的な感想についての意見が気になるのではないでしょうか?この記事では、ドラマ「silent(サイレント)」の各話ごとのネタバレや最終回結末予想、感想をあらすじに沿ってまとめてみました!

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました